未病になってしまったらメディカルリンパセラピーで治す

2016年10月23日

未病は病気になる前の不調のサイン

東洋医学や中国の伝統的な医学では「未病」という概念があります。検査や健康診断では特に異常が見つからなくても、身体がこれから病気になる前の段階にある状態を「未病」と言います。約2,000年前の中国の医学書『黄帝内経』にも「未病」と言葉が記載されており、東洋医学では健康を維持するためには「未病」の段階で治療し、病気にならないよう予防することが大切だと考えられています。

未病から健康な状態にするためのお手伝い

体調不良や疲労感、冷え、不眠といった身体の不調は、未病のサインでもあります。「未病」は病気が表面に出てきていないだけであって、健康な状態ではありません。この未病状態を早く察知し、病気を防ぐためのケアをすることで、身体がもつ本来の機能を取り戻すことができるのです。つまり自分自身で「不調」を感じた「未病」の段階で早めに身体のコンディションを整えることが、病気の予防と健康維持にとって大変重要だと言えます。

メディカルリンパセラピーでも「未病」から健康な状態に戻すためのお手伝いとして、ストレスや睡眠不足、疲労の蓄積によって滞ったリンパの流れをよくし、身体からの老廃物の排泄を促すなどの施術を行います。「アロマトリートメント」・「リンパトレナージュ」・「経路ツボ療法」・「筋肉筋膜矯正」など、さまざまな角度から未病の状態を見極め、施術を通して、心身ともに健康になるためのお手伝いをいたします。

このコラムカテゴリーの記事一覧