医療の現場で必要とされるリンパケアの効果

2016年10月23日

はじめに

フェイシャルリンパエステ資格取得講座

リンパの流れを改善するリンパのマッサージなどリンパケアは病気を予防・改善するなどの健康効果があるとして、予防医学・代替医療として注目されており、看護のためにリンパマッサージを学ぶ看護師も増加しているほど、リンパケアは現在医療の現場で注目されています。

リンパケアの効果

リンパは血液のように心臓やふくらはぎのポンプ機能がないため筋肉の動きなどによって、ゆっくり流れています。リンパ管は皮膚の表面近くに通っていて、そのリンパ管の中にリンパ液が流れているのですがマッサージなどで皮膚を刺激することで、リンパの流れが促進され、デトックス効果が得られます。

リンパケアの歴史

病院で入院している患者様は、術後で身体をほとんど動かせないこともあり、リンパの流れが悪くなり、病気も治りにくい傾向にあります。患者様の免疫・排泄機能を高めるために、医療行為として行われたのがリンパケアの始まりです。リンパマッサージなどリンパケアによって患者様の回復が早くなり、現在は外科など医療機関で取り入れられています。

リンパケアの歴史

【リンパ浮腫】はガン治療などでリンパを取り除いた人や放射線治療などにより、リンパ液が滞ってしまい手や足などがむくむ症状です。発症すると完治は難しいのですが、リンパ液の流れを活性化して、むくみを軽減させることは可能です。

このコラムカテゴリーの記事一覧