脚のむくみに効くツボ

2016年10月24日

脚がむくむ原因は?

夕方になると、ふくらはぎがパンパンにむくむ・・・・女性に多い悩みですね。脚のむくみとは、下半身の血流(静脈)やリンパ液といった体液の流れが滞ったことにより、老廃物が管から漏れ出して細胞のすき間に溜まってしまっている状態です。通常、ふくらはぎの筋肉を使って静脈やリンパ管をポンプにように動かし、老廃物を上半身へと押し上げる排出過程にいくものなのですが、下半身が冷えたり、筋肉の働きが衰えてポンプ作用がうまく働かなくなると、血液や体液の流れがスムーズにいかず、体内の水分や老廃物が下半身に滞りやすくなり、むくみになってしまうのです。

むくむ要因を取り除く

すなわち、むくみの直接の原因は、下半身の筋肉の衰え、または、冷え症です。これらの背景には、運動不足、睡眠不足、冷房、ストレス、ダイエットなど挙げられるので、自分の脚がむくむ要因をまずは取り除くことが大事です。普段の生活の中で取り入れられる方法としては、
・同じ姿勢を取り続けるときは、意識して脚を動かす
・毎日湯船につかって下半身をよく温める
・筋肉を作る肉や魚をしっかり摂る
・運動時間がない人は階段をできるだけ使う
などを心がけるとよいでしょう。

ツボ押しでクイックむくみとり

そしてもっとも効果的なむくみ対処法は、ツボ押しやマッサージです。そもそも原因は、血液やリンパ液の流れが滞ることですから、物理的に脚に刺激を与えて、流れをよくすることが1番です。そこで、立ち仕事や座り仕事のままむくみを改善できる「ツボ押しでクイックむくみとり」を伝授しましょう。

ひざの裏側のちょうど真ん中にある【委中(いちゅう)】そこからこぶし1つ分下の【承筋(しょうきん)】そこから親指1つ分下の【承間(しょうかん)】さらに親指1つ分下の【承山(しょうざん)】を、両手の親指を重ねて押し込んでいきます。もしわかりにくかったら、ひざ裏から下をまっすぐにずらしながら押し込んでいくだけでもいいでしょう。ちょっと痛いくらいを目安にしてください。両脚それぞれ1分ずつくらい続けるだけで、脚のむくみ予防になります。

このコラムカテゴリーの記事一覧