リンパマッサージとリンパドレナージュの違いは?

2017年5月22日

リンパマッサージとリンパドレナージュの違いの比較

リンパマッサージとリンパドレナージュの違いの比較 よくリンパマッサージやリンパドレナージュといった言葉が雑誌などで紹介されます。 両者は一緒のものと思っている人もおられるでしょうが、厳密には違いがあります。 簡単に言ってしまうと、リンパマッサージの一種がリンパドレナージュです。 リンパマッサージとは、リンパの流れに合わせてマッサージをする行為全般を指します。 一方、リンパドレナージュはリンパマッサージと比較すると、リンパの流れを滞らせている原因を取り除き、リンパの流れを改善するためのテクニックです。 リンパマッサージの一環として、リンパドレナージュという施術があるといったイメージです。 ただし両者を比較した場合、基本的にやるべきことは一緒です。 まず、カウンセリングを実施して、お客さんの不調の原因を把握します。 そしてそれに基づきお客さんに見合ったマッサージで老廃物の排出を促すのです。

どのような職場で仕事ができる?

どのような職場で仕事ができる? リンパマッサージの求人情報を見てみると、エステサロンやリラクゼーションサロンといった職場でしばしば募集が出ています。 最近では医療・介護施設といった職場でも、リンパマッサージのできる人を募集しています。 リンパマッサージの資格を持っていて、実務経験のある人は開業するケースも見られます。 求人を見ると、リンパマッサージ未経験者でも応募できる求人はあります。 しかし資格を持っている方が即戦力になると判断されるので、未経験者と比較すると採用されやすい傾向にあります。 施術前にはまず、カウンセリングで不調の原因を見つけていきます。 カウンセリングではコミュニケーションスキルが必要で、この能力は実務経験で積み重ねていくのが上達への早道なので資格者・経験者の方が未経験者よりも有利なわけです。 リンパマッサージの資格は、スクールの他に通信教育でも自分のペースで試験対策ができます。 しかもこの資格は、他のものと比較して、ずっと活かせるのも魅力です。 他の資格でもいろいろな職場で活躍できる可能性がありますが、上で紹介したように経験を積み重ねれば独立開業できるチャンスもありますので、取得を検討してみませんか?

このコラムカテゴリーの記事一覧