リンパマッサージ師に向いてる人とは?

2017年6月19日

体格のいい人の方が向いている?

体格のいい人の方が向いている? どのような職業においても向き、不向き、がありますが、リンパマッサージ師に向いている人というのは、どういった人でしょうか? 身体的に見てみると、一概には言えませんが身長が高く、ウエイトのある人の方が、向いていると言えるでしょう。 身体的に大きな人の方がマッサージをする際に、強さや圧をコントロールしやすく、さまざまなお客様に対応できるからです。 また、手の平が大きい人の方が、マッサージができる範囲が広くなりますので、効率的に施術ができる、と言えるでしょう。 また、手が冷たい人よりも、温かい人の方が、お客様にとっては心地よさがあるので、向いている人、と言えます。 もちろん、リンパマッサージ師には細い人も小さい人もいます。 身体的なことでリンパマッサージ師にはなれない、ということはありません。 身体的なことだけではなく、内面的なことも求められるのです。

大切なのは内面的なこと

大切なのは内面的なこと リンパマッサージ師になるために大切なのは、身体的なことよりも内面的なことの方が重要です。 リンパマッサージ師は技術を持った専門職であり、お客様を相手に行う接客業でもあります。 お客様に不快な思いをさせないと同時に、リンパの流れをよくしてキレイに、健康にする、という効果を出さなければなりません。 そのためには、お客様の内面的なことも身体的なことも把握できる人が、リンパマッサージ師に向いている人、と言えます。 それができるのは、人に尽くすことが好きであることです。 お客様を楽にしてあげたい、キレイにしてあげたい、と思える人がリンパマッサージ師に向いている人です。 また、リンパマッサージ師に向いている人というのは、内面的にも強く自ら学ぼう、という意志があることも大事です。 リンパマッサージは知識や技術が必要であり、新しい情報なども積極的に取り入れていくことが大事です。 このような人が、リンパマッサージ師に向いている人、と言えるでしょう。

このコラムカテゴリーの記事一覧