メディカルリンパセラピーの資格取得に必要な時間

2016年10月24日

短期集中コースで資格取得OK!

メディカルリンパマッサージは、東洋と西洋の代替療法を取り入れた新しいセラピーで最短1日から学ぶことが出来ます。マスターコースなど12ヶ月かけて本格的に学ぶものなどもあります。メディカルリンパセラピーの資格を取りたい時に気になるのが、 どのくらいの時間がかかるのかというところです。中には既に整体などの技術を取得していて、新たな引き出しとしてこのメディカルリンパセラピーを取得したいので、できるだけ短期間でという方も多くいらっしゃいます。この資格を取るのにかかる時間は短いコースでは6時間、長いコースで171時間と、学びたい科目に絞って短期間で学ぶことができます。フェイシャルリンパセラピーのみ、アロマリンパトリートメントコースのみなど、1~3日で取得できるホームサロンコースなどなら、ごく短期間に資格取得が可能です。現在経営しているサロンの新しいメニューの引き出しとしても、手軽に取り入れることができます。また、本格的に学んでセラピストとして極めたいという方は、12ヶ月かけて行うマスターメディカルセラピストコースがおすすめです。インストラクターレベルの深い知識と技術を12ヶ月かけて学びます。

東西の知恵が融合したメディカルリンパセラピー

現在はさまざまなセラピーがありますが、多くは経絡やツボを刺激する東洋系、リンパや反射区を刺激する西洋系に分けることができます。その中で東洋と西洋の両方のセラピーのメリットを取り入れた新しい技術が、メディカルリンパセラピーです。 このメディカルリンパセラピーの資格を取得したいという方が増えており、注目を集めています。この技術は、リンパ系に働きかけながら、植物から取られた精油を使って行うアロマトリートメントの理論も取り入れ、多角的にボディメンテナンスをしていく手技です。それだけでなく東洋のエネルギーラインである経絡を学び、ツボを刺激する技術も身につけることができるので、セラピストとして多くの施術を取得したい方に選ばれているのが特徴です。またフェイスをトリートメントするフェイシャルセラピーの手技もあり、クレンジングやトリートメントなど、ヒーリングとエステを融合させた技術も身につけることができます。

このコラムカテゴリーの記事一覧